伊藤忠連合企業年金基金

個人情報の取り扱いについて 基金事務局のご案内 リンク集

支給繰下げ制度

支給繰下げ制度について

 企業年金基金では加入中65歳到達時点で受給権の判断を行うため、65歳で年金を受け取ることが可能です。ただし、加入中の方は年金を65歳で受取らず、本人の希望した時または資格喪失時まで遅らせることができる、支給繰下げ制度があります。
 65歳で受取る場合と遅らせて受取る場合の相違点は下記の通りとなります。


  65歳時点 65歳以降希望した時 資格喪失
所得税
(一時金)
原則一時所得 原則一時所得 退職所得
保証期間
(年金)
第1給付:支給開始時点から保証期間 15年
第2給付:①終身年金選択:保証期間はございません。
     ②5年有期年金:保証期間 5年
選択替え 第1給付:支給開始から5年経過後に一時金への選択替も可能です(15年保証期間内)。
第2給付:支給開始後は選択替はできません。
 

給付額は支給繰下げ制度を利用した方が、期間を通算して計算するため多くなります。(年金の場合は年額)


 該当の方がいる場合は、基金より「給付金選択書」(加入中に65歳到達かつ加入期間20年以上)の用紙をご送付させていただきますので、用紙中央にあります「給付金の受け取りを退職時にします」欄で繰下げ希望の確認をさせていただきます。




  • トップページ
  • インフォメーション

  • 個人情報の取り扱いについて
  • 私たちが加入する年金制度
  • 保険料と掛金について
  • 代行返上について
  • 基金から受けられる年金・一時金
  • 第1給付
  • 通算企業年金・他の制度
  • 支給繰下げ制度について
  • 第2給付
  • 基金だより
  • 財政報告
  • 事業概要
  • 基金規約
  • 基金事務局のご案内
  • ダウンロード
  • マイナンバーについて
  • リンク集
  • よくあるご質問 Q&A
  • 公告